Tottori Pref. Swine & Poultry Experiment Station

・沿革

 昭和37年4月 米子市両三柳に、養豚係、養鶏係、飼料係及び庶務係が設置されて開場した。
 昭和46年1月 西伯町に放牧養豚科を新設。
 昭和54年5月 米子市から現在の西伯町に移転。(総務課、養豚科、繁殖科、養鶏科、飼料科)
 平成15年7月 施設整備計画に基づき1課、2室に再編。(企画総務課、養豚研究室、環境・養鶏研究室)


・組織及び主な研究内容

養豚研究室


おいしい豚肉づくりに関する研究。(デュロック種系統造成)
安全安心、健康な豚の飼養管理技術に関する研究。
豚のバイテク(受精卵移植、精液の凍結保存)に関する研究。
環境・養鶏研究室
糞尿処理・悪臭対策などの家畜環境対策試験
家畜糞尿に係るバイオマス活用技術研究
高品質の地鶏つくりに関する研究(種鶏改良試験)
鶏の飼養管理技術に関する研究(飼料給与試験)
企画総務課


企画及び総合調整
庁舎等財産の管理、処分
予算経理・連絡調整・庶務

住所

(本 場)
鳥取県西伯郡西伯町
北方633番地
TEL
(0859)66−4121
FAX
(0859)66−4233

(絹屋分室)
鳥取県西伯郡西伯町
絹屋108番地
TEL
(0859)66−2261
FAX
(0859)66−2221
 鳥取県の西部、JR米子駅からR180を南西に約10Km進んだ西伯町にある。JR米子駅から、法勝寺線(日ノ丸自動車)に乗車し、阿賀バス停下車、県道溝口伯太線を西へ約1.5Km(徒歩約20分)。
絹屋分室は、本場の南約5Kmに位置する。

更新2003年10月29日作製